石和・勝沼・塩山

石和・勝沼・塩山

笠取山の麓(ふもと)、標高1250mに位置する一ノ瀬高原は、昔のまま渓流を育て、綺麗な空気と湧水の恵みが豊富。 その広大で恵まれた環境からキャンプ場としても人気があり、登山やハイキングと合わせて多くの人がこの地を満喫しに訪れる。 また、桃やすももの果樹栽培で県下有数の塩山桃源郷には、山の斜面に沿って咲き誇る桃の花がまるで絨毯を敷き詰めたかのような美しい景観が広がる。
徳川家康が勝頼公を供養するために建立させた景徳院では、桜の花を愛でながらのんびり散策が楽しめる。

石和・勝沼・塩山の人気スポットランキング月間閲覧数順

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介