春日大社
春日大社
春日大社
春日大社
春日大社 春日大社 春日大社 春日大社

5月 昼

©AFLO, Hideaki Tanaka

1998年に世界遺産に登録された。境内にある3,000基の灯籠は、今日まで平安貴族の藤原氏をはじめ、広く一般国民から奉納されたもの。2月の節分と8月の中元の夜(陰暦7月15日)には全ての燈籠に火が灯される「万燈籠」というイベントがおこなわれる。

0

  • 所在地

    奈良県奈良市春日野町160

    アクセス

    周辺マップ

  • 入場料

    ・本殿前特別参拝 500円
    ・萬葉植物園 大人 500円 小人 250円

  • 営業時間

    開門時間4月~9月 6:00~18:00
        10月~3月 6:30~17:00
    本殿前特別参拝 8:30~16:45

    午前中拝観出来なくなるのは以下の日程
    ・毎月1日、11日、21日
    ・1月成人の日
    ・2月3日、2月17日、3月14日、3月15日、4月3日、
     5月第3金曜日、5月5日、5月10日、8月7日、8月15日、
     10月9日、11月3日、11月23日、12月17日

  • 休業日

    ・3月8日頃~3月13日
    ・12月20日頃~1月7日終日拝観不可

  • WEBサイト

    http://www.kasugataisha.or.jp/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    庭園喫茶「春日荷茶屋」では、月替わりのお粥や大和のお膳料理が味わえる。

このスポットの位置

大きな地図を見る

春日大社の撮影テクニック

春日大社での「砂ずりの藤」の撮影術のご紹介。例年では4月下旬から5月初旬にかけて早咲き、中咲き、遅咲きと2週間に亘って撮影が楽しめます。1番のピークはゴールデンウイークの頃です。広角から標準レンズを選択し、前景に藤の花を、後景に西回廊の釣燈籠を配置しましょう。後景に南門を入れるのもいいですよ。また、藤棚全体を入れて藤の花のボリューム感を出して撮る方法もおすすめします。それから、近くの萬葉植物園(春日大社神苑)を訪れて200本の藤の撮影を楽しむこともできます。
1年に2回しか見られない節分とお盆に行われる中元万燈籠は、石燈籠、回廊の釣燈籠にほんのりと灯りが燈り幻想的でおすすめです。(撮影ルールは厳守しましょう)

山下 茂樹

春日大社の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

5~6月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


特集ページ