兼六園 兼六園 兼六園 兼六園 兼六園

2月 夜

©AFLO, Hideki Nawate

日本三名園のひとつ。桜、初夏、紅葉、冬景色それぞれにあわせてライトアップがおこなわれ、日本の四季を一年中楽しめるスポット。

  • 所在地

    石川県金沢市兼六町

    アクセス

    周辺マップ

  • 入場料

    大人(18歳以上) 310円
    小人(6歳以上) 100円

  • 営業時間

    3月1日〜10月15日  7:00〜18:00
    10月16日〜2月末日 8:00〜17:00

  • 休業日

  • WEBサイト

    http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/...

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    2月後半から3月は、雪はないが気温が低い。雪景色を見たり、風情を感じたりしたいなら12月から1月、もしくは春から秋がおすすめ。

このスポットの位置

大きな地図を見る

兼六園の撮影テクニック

この庭園はそんなに広くはないですが、趣向を凝らした庭造り、手入れがなされています。そのため幅広い焦点距離のレンズが必要で、マクロレンズもあったほうがいいです。皆さんがよく目にする「徽軫灯籠(ことじとうろう)と霞ヶ池」のポイントは、メインの入り口である桂坂口からすぐのところにあり、わかりやすい場所にあります。このポイントは春であれば桜、初夏であればカキツバタやツツジを見ることができるので、まずはここを目指すのがいいでしょう。園内は四季を通じて何かしらの花が咲いているので、それらをアップで切り取るもよし。高さ9mの栄螺山(さざえやま)山頂から霞ヶ池など庭園を俯瞰するのもおすすめです。なお、兼六園は早朝無料で入園可能なので、日の出のころに朝陽を浴びる庭園の撮影もいいでしょう。

縄手 英樹

兼六園の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

あわせて読みたい記事

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

6~7月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


特集ページ