今年1年の締めくくりに!12月に見ておきたい絶景7選

今年1年の締めくくりに!12月に見ておきたい絶景7選
寒さが本格化してくる12月。 澄んだ空気の中、あたたかく灯るライトアップや、キラキラ輝くイルミネーションなど、ロマンチックな絶景を見にいくのにもちょうどいい季節。ほかにも、真っ白な雪景色や冬にしか咲かない花など、12月におすすめの絶景スポットをお届けします。 頑張った1年を、最高な絶景のご褒美で締めくくりましょう!

1.【京都/嵐山花灯路】幻想的な京都初冬の風物詩

京都というと、春の桜や秋の紅葉のイメージがありますが、初冬のライトアップも見逃せません。12月8日から行われる「嵐山花灯路」では、嵐山・嵯峨エリアの文化遺産や歴史ある街並みを、露地行灯(ろじあんどん)のひかりが照らし、幻想的な夜の京都を演出します。
竹林の小径
嵐山花灯路で、一番人気のスポットが「竹林の小径」。昼間の青々とした竹林とは一味違う、光と影のコントラストが竹林の美しさを一層引き立てます。
渡月橋
嵐山の名所「渡月橋」もライトアップ。黄金色の渡月橋と、青紫に照らされる山々が大堰川(おおいがわ)の川面に反射して、まるで一枚の絵のよう。 期間中は、周辺の寺院・神社の特別拝観やライトアップも行われます。昼間とは一味違った、冬の夜の京都を巡ってみましょう。
【住所】京都府京都市右京区・西京区 嵯峨野散策路、天龍寺周辺一帯の竹林の小径、法輪寺~渡月橋周辺、その他寺院・神社・文化施設
【期間】2017年12月8日〜17日
【点灯時間】17:00~20:30
【Webサイト】http://www.hanatouro.jp/arashiyama/

2.【北海道/霧氷テラス】冬ならではの自然現象に魅せられて

まるで、木々に氷の花が咲いたようにみえる、霧氷(むひょう)。空気中にある水分や霧が、樹木の枝に凍りつく、冬ならではの美しい現象です。
霧氷テラス
その美しい霧氷に出会えるのが、標高1,088mに位置する「霧氷テラス」。 昨シーズンの霧氷の発生確率は60%で、空気が澄んだ晴れた日には青空の下、雄大な日高山脈と霧氷の絶景が楽しめます。
霧氷テラス
▲テラスまでは、ゴンドラで13分間の空中散歩。日の光を浴びて、キラキラ輝く霧氷は神秘的!
また、12月1日から25日までの期間限定で、霧氷テラスのライトアップが実施されます。光に照らされた霧氷の鑑賞はもちろん、時にはダイヤモンドダストに遭遇することもあり、冬の自然が作り出した絶景に出会えますよ!
【住所】北海道勇払郡占冠村中トマム 星野リゾート トマムエリア内
【ゴンドラ往復料金】大人:2,200円、小学生 :1,300円
【期間】2017年12月1日〜2018年4月3日
*天候や気象条件によりゴンドラ運休の場合があります。
【時間】(日中)8:00~15:00、(夜間ライトアップ)16:00~18:30(12月1日~25日のみ)
【対象】星野リゾート トマム内の施設宿泊者、日帰り共に利用可
【Webサイト】https://www.snowtomamu.jp/winter/ski/muhyo/

3.【三重県/なばなの里】あたたかな電球のひかりが紡ぎだす光の楽園

なばなの里
今年で14年目を迎えるなばなの里のイルミネーション。プロジェクションマッピングなどの光の投影を一切行わず、電球だけで作りあげる国内最大級規模の光の楽園です。
なばなの里
数々のイルミネーションの中でも、毎年人気を集めているのが、光のトンネル「華回廊」。
なばなの里
ひとつひとつがかわいい花の形をした電球が、長さ200メートルのあたたかくやさしい光のトンネルを紡ぎます。 12月の澄みきった夜の空気のなかで、柔らかなぬくもりに包まれるひとときを。ライトアップ期間は、2017年10月14日から2018年5月6日まで。

4.【軽井沢/クリスマスキャンドルナイト】ランタンキャンドルで彩られる清くあたたかな夜

クリスマスキャンドルナイト
現在は避暑地や観光の街として知られる軽井沢ですが、その軽井沢を避暑地として広めるきっかけになったのは、ひとりのカナダ人宣教師でした。そして、古くからキリト教文化が息づく街・軽井沢で、大正10年より時を重ね、多くの人々が心を寄せる教会が、軽井沢高原教会です。
クリスマスキャンドルナイト
2017年のクリスマスは、「光」をテーマに、教会前の森が無数のランタンキャンドルで照らされ、高さ6メートルのもみの木ツリーの光が、冬の夜をやさしく包み込みます。
クリスマスキャンドルナイト
森の中央には、優しい光に照らされて「光の十字路」が浮かび上がります。 寒空の下、ロマンチックな光の演出に包まれてみてはいかがでしょうか。
【住所】長野県軽井沢町星野
【期間】2017年12月1日〜24日の毎週金・土・日曜日と12月25日
【時間】(イルミネーションと光の十字路)18:30~21:00、(ランタン散策)18:30~21:00
【Webサイト】https://www.karuizawachurch.org/

5.【福井県/越前海岸】雄々しい奇岩断崖と美しい水仙の絶景

越前海岸
隆起海岸による男らしい奇岩断崖が特徴の、福井県にある越前海岸。12月から1月にかけて、その雄々しい海岸線に沿って、水仙の可憐な白い花が咲き誇ります。
越前海岸
▲日本の夕日100選にも選れた越前岬
その規模は日本三大水仙群集地にも選ばれており、海岸一面を絨毯のように染める白い花と、力強い日本海と奇岩断崖のコラボレーションは圧巻です。

6.【北海道/氷の街「アイスヴィレッジ」】今年も幻想的な氷の街が出現

アイスヴィレッジ
毎年雪の降る季節になると、北海道の勇払郡占冠村に現れる氷の街「アイスヴィレッジ」。3.2ヘクタールの敷地に、12棟の氷のドームやアイスリンクなどが併設され、氷上の体験を楽しむ多くの人で賑わっています。
アイスヴィレッジ
中でも、この世界の象徴となるのが、全てが氷でできた「氷の教会」。 継ぎ目のない1枚氷には、「2人の純粋な気持ちが、途切れなく続く」というロマンチックなメッセージが込められているそう。教会の一般公開は、20:00から22:00まで。
アイスヴィレッジ
▲挙式後には新郎新婦のお祝いとして花火が上がります。
他にも、氷の空間でお酒を味わう「バーアイスウッド」や、氷の世界の滞在を楽しめる「氷のホテル」など、すてきな演出が盛りだくさん。幻想的な氷の街で、遊び尽くしてみてくださいね。
【住所】北海道勇払郡占冠村中トマム 星野リゾート トマムエリア内
【料金】入場料500円(星野リゾート トマム ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊者は無料)
【期間】2017年12月10日〜2018年3月中旬
*天候や気象条件により変更の場合があります。
【時間】17:00〜22:00(最終入場21:30)
【対象】星野リゾート トマム内の施設宿泊者、日帰り共に利用可
*時間、料金、予約は各コンテンツにより異なります。
【Webサイト】https://www.snowtomamu.jp/special/icevillage/

7.【長野県/渋温泉】石畳の風情あふれる温泉街で外湯めぐり

渋温泉
地面を掘ればすぐお湯が出ると言われるほど、源泉が多い渋温泉。そのため、町中のあちこちから湯気が立ちのぼり、一層温泉街のムードを引き立てます。 石畳の道には大正や昭和初期から残る木造建築の建物が立ち並び、昔懐かしい風情あふれる通りを、浴衣の上に丹前を羽織り、歩いてみるのも乙なものです。
渋温泉
渋温泉には、地元の人たちが毎日利用する外湯(共同温泉)が九つあり、宿泊客にも解放されています。それぞれ源泉・効能が異なるお湯を、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながら巡ってみましょう。9つの外湯めぐりが解放されているのは、地元の方と宿泊客のみ。のんびり宿泊して、渋温泉の魅力にはまってみてください。

12月におすすめの絶景スポットを7つお届けしました。 一年の締めくくりの月を、最高な絶景でパワーチャージして、健やかに新春を迎えられますように。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


観光施設・自治体の方へ


特集ページ