【まるで『千と千尋の神隠し』の世界】歴史情緒あふれるレトロな温泉地・四万温泉

【まるで『千と千尋の神隠し』の世界】歴史情緒あふれるレトロな温泉地・四万温泉
関東一の温泉大国と呼ばれる群馬県。日本三名泉のひとつとされる草津温泉など、有名温泉がひしめきあう中で、湯治客に昔から変わらぬ人気があるのが四万温泉です。
時が止まったようなレトロな温泉街で、お湯につかり日常を忘れてのんびりしてみませんか。
今回は、そんな四万温泉のレポートです。筆者が訪れたのは1月前半で、雪が降り積もっていました。

上野から電車とバスを乗り継ぎ四万温泉まで

上野駅から、JR高崎線・JR吾妻線を乗り継ぎ約3時間の「中之条駅」で下車、関越交通「四万温泉行きバス」で約40分、終点下車すぐに四万温泉はあります。

レトロな温泉街がお出迎え

レトロな温泉街
ピンボールやお食事処が軒を連ねる温泉街。途中で立ち寄ったうどん屋では、昔ながらの演歌が流れており、セピア色の家族の思い出写真が飾ってありました。なんて、ノスタルジック。この街並み、ちょっと台湾に似ているかも……?
レトロな温泉街
木造の建物が多く、趣のある温泉街。
あつあつの温泉まんじゅうが美味でした。
四万温泉エール
ここでも見つけた、ご当地ビール! 地ビール好きな筆者にはたまらない。思わず写真を撮ってしまいました。四万温泉の清らかな水から育まれた、豊かな味わいの「四万温泉エール」。土産屋や酒屋で販売しているので、ぜひ味わってみてください。

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモチーフになったともいわれる「積善館」

積善館
日本最古の木造湯宿建築と言われている、老舗旅館「積善館」。まるで『千と千尋の神隠し』の”カオナシ”が佇んでいそうな橋から望む木造建築は、絶好の撮影スポット。様々なメディアに取り上げられている、レトロモダンな「元禄の湯」など4つの温泉を楽しめます。

▼積善館のホームページはこちら
http://www.sekizenkan.co.jp/
ひとしきり街歩きをしたあとで、お目当ての温泉へ。
数々の日帰り温泉を渡り歩くのも温泉の楽しみ方のひとつですが、温泉宿でひたすらゆっくりお湯を楽しむのも良いものです。筆者の旅の目的は後者で、この温泉宿に来るためにここまでやってきました。

7つのお湯が楽しめる、まさに温泉三昧の宿「たむら」へ。

四萬田村
こちらは室町時代から500年もの歴史を持つ老舗旅館、「たむら」。
白い雪に覆われた、どっしりした茅葺屋根が出迎えてくれました。
四萬田村
木の温かみがあふれる癒やしの旅館。
四萬田村
「たむら」は、貸切風呂「クリスタル」を含め、さまざまな7つのお湯が楽しめます。同じお湯でも、朝は日光を浴びて活発な気分になったり、夜は癒やされたり、時間によって表情を変えるお湯を、一日中満喫できます。
冥想森林
中でも、筆者のお気に入りのお湯は「森のこだま」。
しんしんと雪が降る中で、滝の音と、時折聞こえる鳥の声に耳を澄ませながら頂くお湯は、もう言葉になりません。
飲用溫泉
そしてなんと、温泉を飲める飲泉スペースが!
四万の温泉は、昔から「日本三大胃腸病の名湯」の一つに数えられているそう。入浴だけではない、お湯の味わい方を試してみては。

以上、四万温泉のレポートでした。
レトロな街並みと、数々の風情ある温泉がたのしめる四万温泉で、時を忘れてのんびりしてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


特集ページ