【電車で長野めぐり】善光寺&スノーモンキーのモデルルート

【電車で長野めぐり】善光寺&スノーモンキーのモデルルート
とあるミッションにより、ここのところ長野に毎月通っている編集長です。
前回の松本編に引き続き、今度は長野編。
ところで松本と長野ってどのくらい離れているかご存知でしょうか?
近いと思っていたのですが、案外遠くて特急で50分。各停だと1時間10分くらいかかります。
今回もペーパードライバーの編集長ならではの「電車で観光しやすい」見どころに特化してお届けいたします。

長野駅

長野駅
▲参照: Wikipedia
長野駅は新幹線の駅でもあり、結構大きいです。MIDORIという駅ビルにはお土産が豊富なのでお帰りの際に「お土産忘れてる!」となったらぜひ購入しましょう。

① 善光寺

善光寺
とても有名な善光寺。善光寺は長野駅からバスで7分ほどです。
宗派に関わらず、だれでもお参りできるというのが特徴になっています。この日もたくさんの人で賑わっていました。
善光寺
参道はお土産屋さんになっていて、とても楽しい雰囲気。食べ歩きしながら歩きたいですね。
善光寺
こんな感じです。七味唐辛子や甘酒が名物です。善光寺敷地内では食べたり飲んだりできないので、それまでに食べ終わるようにご注意を。
善光寺
いざ、善光寺へ。
善光寺
私は時間の都合上、本堂のみを参拝しましたが、追加でお金を支払うことで「お戒壇めぐり」をすることができます。お戒壇めぐりをすることで、「極楽浄土に行ける」んだそうです……。行かなくて失敗しました。次回チャレンジしたいと思います。
善光寺
戻ってきて、バス停の近くにこんなお店が。
ジブリ映画に出てきそうなかわいらしさ。また次回立ち寄りたいと思います。

② 地獄谷野猿公苑

続きまして、温泉に入る猿がいるという地獄谷を目指します。
まずは長野駅から特急で50分ほどの(結構遠い)、「湯田中駅」へ。ここからバスで「上林温泉」バス停で降ります。ちゃんと調べればよかったのですが、雪山を30分以上歩く道のり……。
地獄谷野猿公苑
写真を見ただけで、わかりますよね。準備不足でブーツで行ってしまったがために、つるつると滑って大変でした。これを読んだ方はぜひ「雪山用の靴」でお越しください。リアル雪山です。
30分くらい歩いたところで……
地獄谷野猿公苑
猿がいました!
この写真、iPhoneで撮影しております。ズームも何もしていなくて、この距離です。毛づくろいしていました。
地獄谷野猿公苑
子猿が遊びまわっていました。とっても小さくてかわいい。カメラを持った人に囲まれていました。
地獄谷野猿公苑
地獄谷野猿公苑
外国人を中心に、たくさんの人。猿は雪が降るほど寒い日に、温泉に入りに来るそうです。みんな寒い中、よく来るなぁ……。
地獄谷野猿公苑
見えますか?雪の上に転々といるのが、猿です。何かを一生懸命食べていました。
地獄谷野猿公苑
野生のお猿さんたち、人に慣れていて、人間を見つめ返していました。
地獄谷野猿公苑
みんなが「温泉に入って!!」と懇願するのを見つめ返し、温泉のお湯をがぶがぶ飲み……しかし、入ってはくれませんでした。少し暖かい日だったから、みたいです。残念。
地獄谷野猿公苑
スノーモンキーは温泉に入っていませんでしたが、それでも野生の猿とここまで近づける体験は貴重。道のりが遠いのは難点ですが、ぜひお出かけください。

③ 玉村本店

玉村本店
地獄谷野猿公苑から歩いて20分程度。
清酒と志賀高原ビールを造っている酒造です。ここでは清酒の試飲が可能です。また、志賀高原ビールを購入することができます。志賀高原ビールは、ビール好きの中でもかなり人気があり、東京からわざわざ買いに訪れるファンも多いそう。ビール好きでも、そうでない方でも、こだわりの味をぜひ体験してみて。ここでしか買えない限定ビールもありますよ!

④ 小石屋旅館(渋温泉)

小石屋旅館  渋温泉
歩いて8分程度。宿泊は小石屋旅館へ。旅館とゲストハウスのあいのこみたいな印象でした。写真はオシャレなカフェバー。ドミトリー形式の部屋もあれば、和室の個室、ツインルームもあります。
小石屋旅館  渋温泉
志賀高原ビールもいただけますよ。
小石屋旅館  渋温泉
なんと、小石屋から無料で「地獄谷野猿公苑」に送ってくれるサービスもありました。便利ですね!
小石屋旅館  渋温泉
小石屋旅館  渋温泉
一番うれしかったのは、老舗旅館である湯田中温泉「よろづや」のお風呂を無料送迎で使えること。特に「桃山風呂」は登録有形文化財となっており、すばらしいお風呂でした。内湯は湯気がもくもく、前が見えないほどです。ずっと浸かっていたいお湯でした!


以上、長野駅周辺の1日モデルルートでした。寒い時期におすすめですよ!


あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


特集ページ