東京

東京

©AFLO, Hideki Nawate

日本の首都であり政治・経済の中心。ショッピング、グルメ、オタクカルチャー、美術館や博物館、夜遊び、遊園地、動物園や水族館、日本伝統文化の体験、自然遊びなど一通りのことが楽しめる。海外の観光客には通勤時の満員電車や渋谷のスクランブル交差点がうけている。大都市ならではのスピード感、躍動感を感じられるだろう。

東京の人気スポットランキング月間閲覧数順

地元の人の声

地元自慢

渋谷 東京 

東京は観光地だけでなく、カフェや交差点などのガイドブックに載っていないところでもこだわって作られているので、オシャレな写真が撮れます。晴れの日に撮るのもいいですが、私のおすすめは雨の日。東京は実は雨の日の方がオシャレな写真が撮れるんです! 雨の夜、渋谷の交差点はとても絵になりますよ。すてきな写真を撮って、お友達に自慢してみてください!

Nanami Tanaka

東京タワー スカイツリー

東京は言わずもがな、世界でも有数の巨大都市です。若者が集まる渋谷・原宿、ハイブランドのショップや歴史ある百貨店が並ぶ銀座、下町感満載の浅草など、街がそれぞれ個性的でどこに行っても違いを楽しめること間違いなし。日本に来るならおさえておきたい、新旧タワーである東京タワーと東京スカイツリーも東京にあります。また、どのエリアにも電車で手軽に移動できる利便性は、都会ならではの長所です。

S.Y

新宿 四ツ谷

東京の中でもわたしは新宿と四ツ谷がおすすめ。新宿はショッピング、ビジネスの集まるにぎやかなエリアではありますが、少し歩くと都会の喧騒を離れ、新宿御苑の豊かな緑に癒やされることができます。老舗が立ち並ぶ四ツ谷では、昔ながらの味に出会うことができるでしょう。懐の深い街で、さまざまな楽しみ方を見つけてほしいと思います。

S.S

東京のグルメ

親子丼 ソラマチ

玉ひでの親子丼

親子丼嫌いの私に「親子丼好き」になるきっかけをくれた親子丼はこれ。味付け・食感全てにおいて完璧です。私のおすすめは、「白レバ入り親子丼」。通常の親子丼もおいしいのですが、こちらは格別。白レバーがとろとろで、これまた「レバー嫌い」の私に、レバー嫌いを克服するきっかけをくれた一品です。大人気のため、本店はかなり並ぶので、東京ソラマチ内にある「たまひで いちの」がオススメです。

Nanami Tanaka

もんじゃ 東京 月島

もんじゃ焼き

東京発祥の名物・もんじゃ焼きは、小麦粉を水に溶いたものに具材を混ぜ込んだ液を鉄板の上で焼く、お好み焼きのルーツでもある食べ物です。基本的に自分で焼くので、うまく焼けるようにトライするのが楽しい。お好きな具材でお楽しみください。

S.Y

フルーツ パフェ

フルーツパーラーフクナガ

四谷三丁目の交差点近く、古いビルの2階にあるこぢんまりとしたお店。果物屋さんが営んでいるパーラーは、知る人ぞ知る「パフェの聖地」なのです。どのパフェも、フレッシュなフルーツがぜいたくにたっぷりと入っており、しゃりしゃりとした食感を楽しめるソルベが主役。対してクリームやアイスはごく控えめ、という配分がうれしい。甘党女子だけでなく、男性にもおすすめできるお店です。

S.S

もつ鍋 人形町 鍋

やましょうのもつ鍋

都内に数店舗ありますが、私のおすすめは人形町店。趣もあって、おいしさが増します。メインのもつ鍋はもちろんおいしいのですが、おすすめはサイドメニューの「ごまアジ」。新鮮で全く臭みがないので、お魚が苦手な人でも食べられます! かなりの人気店なので、予約は必須です。

Nanami Tanaka

夏 かき氷 フルーツ

だるまや餅菓子店のかき氷

小さな商店街の中にひっそりとお店を構えるかき氷屋さん。レトロで雰囲気もとても良いです。ここのおすすめポイントは、かき氷の種類の多さ。何回行っても飽きません。また、季節のかき氷としてさまざまな旬のフルーツを使った珍しいかき氷もあるので、ぜひ、季節ごとに食べ比べてみてください。

Nanami Tanaka

新宿 ホテル ビュッフェ

新宿のホテ朝

早起きして少し特別な朝食を、と思ったら、新宿駅サザンテラスに面した小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの20階にある「トライベックス」がおすすめ。レストラン全体が大きな窓に面していて、新宿・代々木のビル群のむこうに新宿御苑の緑が広がる、朝の眺めは格別です。ビュッフェ形式の朝食は和洋取りそろえたメニューが豊富で、中でもシェフが好みに合わせてその場で焼いてくれるオムレツが最高です。

S.S

タイ料理 四ツ谷 東京

四ツ谷のジャスミンタイ

四ツ谷駅から徒歩5分ほど。閑静な住宅街にある、小さな人気店です。落ち着いた雰囲気と、タイ人の店員さんたちの朗らかで上品なサービス。お料理の味も量もよく、それでいてお値段も手頃という、大好きなお店です。何を頼んでもおいしいですが、私は爽やかな辛さのソムタムが大好物です。

S.S

東京のお土産

傘 東京 和風

浅草 見世 西島商店の番傘

番傘は通常かなり高価ですが、ここには1,500円~3,000円ほどの番傘も置いてあるので、色違いで何本も買うことができます! どうやら番傘の使用用途によって価格が変わるようです……! ちなみに私は番傘マニアなので、赤色の番傘を購入しました。雨の日に使うのが楽しみ。もう1本購入しようかどうか悩んでいます。

Nanami Tanaka

東京ばな奈

バナナカスタードクリームをスポンジで包んだ、バナナのような形をしたお菓子です。おそらく主要なターミナル駅全てで手に入れることができる、超ポピュラーな東京土産。ヒョウ柄やキリン模様など、珍しい種類があるのも楽しいポイント。お気に入りを探してみてください。

S.Y

たい焼き 四ツ谷 わかば

わかばのたいやき(四ツ谷)

住宅街のなかにある、老舗「わかば」。皮はパリパリとして、あんが尻尾までぎっしり。ぎっしり詰まっているがゆえに、少しはみ出したあんが焼けているところも、またおいしいのです。1匹150円という気軽さもいいですよね。四ツ谷をぶらぶらしながら、焼きたてを味わってほしいです。

S.S

おもちゃ 木のおもちゃ 東京

東京おもちゃ美術館の木のおもちゃ

四谷三丁目の駅から少し歩くと、昔の小学校の校舎を利用した「東京おもちゃ美術館」があります。館内にはさわって遊べる木のおもちゃがたくさん。親子連れでいつもにぎわっています。ここの売店では、日本各地の職人さんが作った木細工のおもちゃを購入できます。見た目もかわいらしく軽い木のおもちゃはお土産にもぴったりでは。

S.S

BEAMS セレクト 新宿

BEAMSセレクトのCool Japanな逸品たち

久しぶりに新宿のBEAMSに行ったら、海外の方に喜ばれそうなコンセプトのお店にリニューアルしていました。日本のいわゆる伝統工芸にとどまらず、現代のセンスを融合したような、おしゃれなお土産品がたくさん見つかるのではと思います。

S.S

今月の人気エリア

6~7月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


特集ページ